ベリーダンスとは?

中東発祥のベリーダンスは、世界最古の踊りと言われ、古代オリエントの時代より継承されてきた女性の為の優美な踊りです。女性の美しさや神秘性、生命を生み出す力を賛美し、古来より年齢を問わず、癒し、楽しみ、心の表現、健康維持のために踊られてきました。ベリーダンスの発祥はイスラム教の発祥よりもはるかに早いため、踊りに宗教的な意味合いはありません。

 

ベリー(Belly)は英語で「お腹」と言う意味で、昔、この踊りを見た西洋人が付けた名称だそうです。正しくは、アラビア語で「ラクス・シャルキ(東方の踊り:オリエンタルダンス)」、「ラクス・バラディ(民族舞踊)」などと呼ばれています。

本場エジプトでは、5つ星ホテルのナイトクラブやアラブ王族のパーティなどで盛んに踊られていて、結婚式などのお祝いの場には必ずベリーダンサーを呼んでお祝いするそうです。本来、女性が肌を見せることのないイスラム社会のなかでベリーダンサーは独特な存在ですが、音楽や踊りが大好きなアラブの人々にとって、ベリーダンスは宴には欠かせないものです。伝統舞踊という枠におさまることなく、時代とともに流行の歌や衣装を取り入れながら新しいスタイルを生み出しているベリーダンスは、今なお色あせることなく息づいているエンターテイメントなのです。

エクササイズと言う観点から見たベリーダンスは、その独特な動きから美しいウエストライン、ボディーラインを見せる(魅せる)ことが特徴的で、動作はゆっくりなめらかに見えますが、各パーツをしっかりと動かし、その動作はコア・マッスル(インナーマッスル/深層筋肉)の筋力アップに大変効果的です。骨盤を立てる独特な姿勢を基本姿勢とし、コア・マッスルを鍛えることで、ウエスト周辺のシェイプアップになり、胃腸の調子が整い、さらに婦人科系の不快も軽減されるなど良いメリットが沢山あります。

アラブ音楽の美しい音色に包まれながら、心を開放させて踊ることで、気分が高揚し、メンタル面での不調改善にも繋がることも。全ての女性の中で潜在的に眠っている女性(女神)の部分が刺激され、本物の「女性としての表現」ができ、美を意識しながら踊り続けることで、徐々にコンプレックスを受け入れ、美しくポジティブに生きる習慣が身につきます。筋力が付くと、私生活の中での所作、特に歩き方や姿勢が美しくなり、内側と外側から美が育まれていきます。


近年では、ベリーダンスはヨガに次ぐブームとして幅広い年代の女性たちに人気が急上昇中です。

気になった方は、是非、体験レッスンにお越しください。ダンス経験のない方でも、NADIAが直接、丁寧に指導をさせて頂いていますので、安心してご参加頂けます。

ベリーダンスに関する疑問・質問、体験レッスンのご予約・お問合せは、NADIAまでお気軽にご連絡ください。

 

suenadia@gmail.com

Copyright (C) 2020 NADIA * All Rights Reserved.